FAQ よくあるご質問

ラベルマイティ(株式会社ジャストシステム)/PowerPoint版テンプレートについて

ラベルマイティ/PowerPoint版のテンプレートには、インターテクノ株式会社PROSCUT PCM-15(別売)で断裁などの後加工ができるよう、一部専用のカットマークをつけております。

インターテクノ株式会社PROSCUT PCM-15

テンプレートの見方

テンプレート名

テンプレート名

インターテクノ株式会社PCM 10_1 チラシ
1面付け 4方化粧断ち PFI_MODE10

  • スリッター:スリッターPF1
  • カットモード:10
  • カットマーク:
ラベルマイティ版

ラベルマイティ版

・テンプレート全体に背景をつけたデザインなどを使用する場合は、余白(ドブ)のある用紙を選択し、塗り足しを作成する必要があります。塗り足しがない場合は、PROSCUTで断裁した際に断裁ズレによる余白が発生する可能性があります。
【ずれ補正シート】より、塗り足しを設定してください。

※4面付けハガキにはカットマークがついておりませんが、インターテクノ株式会社PROSCUT PCM-15で断裁することができます。カットマーク機能をOFF(紙先端基準)にし、先端余白寸法を調整の上ご使用ください。

Power Point版

カットマークが不要な場合には、【スライドマスタ】よりカットマークを削除してください。

PROSCUT PCM-15「カットマーク機能OFF(紙先端基準)」の設定方法

先端余白寸法の調整方法

先端余白寸法の調整方法

  • 調整設定ボタンを1回押す
  • 現在選択しているカットモードでの先端余白寸法が表示される。
    例)カットモード1の場合:11.0と表示(デフォルト値)
  • △▽ボタンを押して先端余白寸法を設定する(0.1mm単位で±2.0mmまで調節可能)
  • 設定値の入力が終わったら、調整設定ボタンを4回押して4ケタの数字(製品枚数表示)に戻す
    • カットマーク機能ONの場合は、この設定値は無視されカットマーク位置でのカットが優先されます。
    • 手動設定での先端余白寸法を優先する場合は、カットマーク機能をOFFにして下さい。